Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prayforjapan.blog79.fc2.com/tb.php/75-2c248f25

トラックバック

コメント

[C3] 聞いてください

聞いてください。

たくさんの被災地へのメッセージが寄せられている中、私もメッセージを送りたいと思い、書かせていただきました。


私は、東北関東大地震が起きた今月11日、地元を離れ、学校の卒業旅行ということで、千葉に出ていました。

千葉も福島県や宮城県に比べたら小さいですが、震度5弱~6ほどの揺れがありました。

埋め立て地だったため、液状化や地割れはひどく、立っているのは非常に困難な状態でした。

日帰りの予定だったのですが、高速道路や首都高の安全確認ができずにいて、その日はバスにて就寝。車内はとても、快適とは言い難い状態でした。

千葉から出られたのは明け方になってからでした。



私の体験談は参考程度で。


私の体験した地震よりも大きな揺れとともに、大きな大きな津波が襲った。


被災地のニュースを見るたびに、これが夢ならいいのに…と思いました。

地元は目に見えるような被害は受けておらず、生活にも余裕があります。

買い物に出ると、水やパン、生理用品は売っておらず、改めて被害の大きさ、物資の必要さを感じます。


今、私は微力ながら、節水、節電を心がけています。

少しでも多くの方が、希望を失わず、少しでも多くの方が救われることを祈って。


そして、こんな私の好きな言葉。

「辛いのは幸せになる途中」


今、被災地の皆さん、私が想像する異常に辛い思いをしておられるのだと思います。


でも、今辛いのは、必ず幸せ、笑える日がくる途中経過であると思います。
幸せになるまでに時間がかかっても、いつか絶対幸せになれるとおもうんです。


少しでも多くの方が生き、幸せになることを願っています。



私には、小さなことしかできませんが、日本が一つになるときだと心得て、日々、被災地のためになるように努力していくつもりです。


文章力がないので、内容が掴み取れないところが多々あると思いますが、 以上を私からのメッセージとさせていただきます。

  • 2011-03-25 21:52
  • victory
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ツイッターの感動メッセージ (地震1週間後)

被災者が嬉しいもの @taiki_nishimuraさん
阪神大震災時に、よみうりテレビはあえてバラエティーの数本を通常放送しました。抗議が殺到したのですが、抗議を入れたのは被災地域外の人々で、被災者からは「久しぶりに笑った。ありがとう」と現地のクルーは言われ続けた。当時話題になった話しです。情報伝達が進んだ後は、娯楽を与えましょうよ。



被災者を救うのは日本の経済力 @asakawayaさん
被災地じゃ無い人自粛なんかしないで普通に生活しよう。無駄にお金つかおう。家や仕事を失った被災地の人の災害は長期戦になります。彼らを救うのは日本の経済力です。自粛で縮小させたら誰も救えません。



あなたは一人じゃない @sengokumeigenさん
【被害がなかった地域の人へ】 体や心に少し余裕を持ってみんなを励ますことのできる立場は私たちだけです 不安な人はメールでもついったでも話しかけてもらうだけで少し落ち着けるはず 1人じゃないと伝えてあげて下さい 日本の団結力を見せる時です



あなたができることは金銭支援 @takapon_jpさん
個人で被災地に対して出来る事は物資支援ではなく、金銭支援。救援団体への金銭支援。被災地で金なんか使えるかって言ってるのはタダの馬鹿。そうじゃなくて救援団体の資金になり、それが現地では救援物資やサービスに変わる。それくらい想像してほしい。



元気でいないと助けられない @hiloko_mさん
福岡の友人が「普通に暮らしていて申し訳ない」と。「違う!」元気な人は元気でいて。でないと社会が病んじゃうから。健やかに助け合わなくては。誰も助けられなくなる。悲しみの共鳴を出来る事のパワーに変えて。今、勇気をもって日常を取り戻さなければ人助けもできない。役割と順番があるはず。



自粛の自粛 @tete_roomさん
丸1日考えた結果、「自粛する」ことを自粛することにしました。自粛ムードに迎合することは、すなわち自分の仕事を全否定することになりますので。自粛と貢献は似て非なるもの。ということで、いろいろとご心配をおかけしました



募金が一番の個人支援 @mikajohnさん
皆がもどかしい気持ちを抱えてる。何かしたいと。でも遠方からの個人支援なら募金が一番。わたしの場合は個人ではなく組織支援と言ったほうがよいかも。車輌も運転手も仕分けも配達も分配も人手が揃ったから出来た。お役所は設備ないし細かい物資送られても処理できないから仕方なく断っているんです。



松山千春のいい言葉 @donkun1977さん
おはようー!もう一回ツイート。松山千春氏が今回の地震に関して「知恵がある奴は知恵を出そう.力がある奴は力をだそう.金がある奴は金を出そう.『自分は何にも出せないよ・・』っていう奴は元気出せ.」って言ってた.(^O^)いい言葉だ!



お年玉の5000円 @mushi2000さん
募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。母「貯めてたのに本当にいいの?」子「3DS我慢する。これで地震の人の家建てる。」と言いお年玉袋から5000円を寄付。母「偉いね。地震の人、これで寒くなくなるね。」男の子思わず号泣。後ろにいた私、大号泣。



有吉弘行さんのつぶやき @ariyoshihiroikiさん
今日、偽善っぽくて恥ずかしいけど、近所の神社にお参りに入ったら、いつもよりたくさんの人がいて嬉しくなった。



幸せの意味 @08055844657さん
しあわせって辛い悲しいことがないことではなくて、どんな辛い悲しいことが起こっても、いっこうに、へこたれないで生きていけることだと思います。へこたれて、地に手をつき倒れてしまうこともあるでしょう。暫く休んだら、また同じ地に手をついて起き上がればいい



自分の仕事を精一杯 @hidetoshitwittさん
「自分に出来る事」とは何なのか?それは本当は「自分でも出来る事」ではなく「自分だからこそ出来る事」なんですね。こういった非常時には「自分の力が最大限発揮できる事に集中」する。「自分の仕事で精一杯。。」というのは良い事なんですよ。なんら後ろめたくはありません。



電車内のひとこま @etoile0110さん
東横のアナウンス。「まもなく横浜です。…みなさま、今日もおつかれさまでした。一人ひとりの小さな力が集まれば、大きな力になります。明日もがんばりましょう。お気をつけてお帰りください」。車内がほわっとした。



私たちも皆さんに追いつきます! @prayforjapan_jpさん
"今日被災者に電話インタビューした。家を無くした40代の女性が言った。「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。私達も一日も早く皆さんに追いつきます」俺は涙をこらえ笑顔でエールを送った"



日本の自衛隊って誇りだ @APRIL373:さん
日本の自衛隊って世界中で唯一、殺した人間の数より助けた人間の数の方が多い武装集団なんだって。これって、誇りだよね。ありがとう、自衛隊!ガンバレ自衛隊!!



皆が最低限変えるようにしませんか? @itoi_shigesatoさん
拡散熱望!→RT:大抵のお店が品切れの時に「申し訳ありません」というお知らせを貼っているけど、うちの近所には「そんなに必要ですか?皆が最低限買えるようにしませんか?」と貼っているお店がある。みんなそれを読んで我に返っている。他の店もできませんか?



今ここで出来ること @sheilanimoooooさん
【皆様へ】津波で両親を無くした社員が『関東に居て生きてる俺は、必死で生きなきゃな』と泣きながら笑顔を作り仕事をしていた。『被災地に今行ってもしょーがない、両親の事は姉に任せ、自分はしっかり働く事で被災地の助けになる』全力で働かなきゃいけない。



自衛隊はマジ凄い @minamiozakiさん
これ、マジだからホント凄い。RT 自衛隊の人が「被災地で炊き出しをした際、たとえ余っても自衛隊員は絶対食べないで缶詰の冷たいご飯を食べます。被災地の人用にお風呂を用意しても自衛隊員は入りません。そして出来るすべての事をやったらひっそりと帰る。それが自衛隊です。」 凄いと思う。 



自衛隊に強い感謝の意を @Aimi71さん
大事な人が,自衛隊として現地にいます。24時間で3時間の休憩。メールで「大丈夫?」と聞いた私に「そのために訓練してるからな。俺には"無力じゃない"って信じさせてくれる人がいるから,気持ちも大丈夫。」そう言ってました。どうか彼らに,もっと強い感謝の意を。



お菓子と募金 @matsugenさん
子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。



また再建しましょう! @yusugiyamaさん
被災地から救出された80歳過ぎであろう男性。笑顔で「大丈夫!大丈夫!チリ津波も体験してるし、再建しましょう!」と。悲しみの声を聞き出そうと食い下がる記者に「そんなこと言っても仕方ないでしょ」と笑顔。隣にいたご婦人も「みっともない格好撮らないで」と。日本を築いてきた方達は凛々しい。



ハイチでは毎日大声で笑ってる @takibistさん
日本にいるみんなへ。いまハイチにいるけど、20万人以上が亡くなる人類史上最大の惨劇があったハイチでもいまはみんな元気だし、毎日大声で笑い合ってる。必ず希望はある。光は見える。証拠そのものの町で暮らしているオレが言うのだから間違いない。



批判による苛立ち @Stresscarenetさん
長期にわたるストレスは、やがて他者批判に向く。だが今「そこにある危機」を目前にして第一線で戦う者を批判して得られる事より、その批判により増幅される苛立ちのほうが大きな損失



世界中が日本に期待 @Yz_BAshさん
日本人は誠の心を持ってる。日本は世界を平和にするリーダーになる国(゚ω゚)武力で支配するのではなく、心のねっこで結びつくことができる絆をもった国。世界中の人が日本に期待していて、日本のようになりたいと思っている。だから笑顔でこの国で生きよう


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prayforjapan.blog79.fc2.com/tb.php/75-2c248f25

トラックバック

コメント

[C3] 聞いてください

聞いてください。

たくさんの被災地へのメッセージが寄せられている中、私もメッセージを送りたいと思い、書かせていただきました。


私は、東北関東大地震が起きた今月11日、地元を離れ、学校の卒業旅行ということで、千葉に出ていました。

千葉も福島県や宮城県に比べたら小さいですが、震度5弱~6ほどの揺れがありました。

埋め立て地だったため、液状化や地割れはひどく、立っているのは非常に困難な状態でした。

日帰りの予定だったのですが、高速道路や首都高の安全確認ができずにいて、その日はバスにて就寝。車内はとても、快適とは言い難い状態でした。

千葉から出られたのは明け方になってからでした。



私の体験談は参考程度で。


私の体験した地震よりも大きな揺れとともに、大きな大きな津波が襲った。


被災地のニュースを見るたびに、これが夢ならいいのに…と思いました。

地元は目に見えるような被害は受けておらず、生活にも余裕があります。

買い物に出ると、水やパン、生理用品は売っておらず、改めて被害の大きさ、物資の必要さを感じます。


今、私は微力ながら、節水、節電を心がけています。

少しでも多くの方が、希望を失わず、少しでも多くの方が救われることを祈って。


そして、こんな私の好きな言葉。

「辛いのは幸せになる途中」


今、被災地の皆さん、私が想像する異常に辛い思いをしておられるのだと思います。


でも、今辛いのは、必ず幸せ、笑える日がくる途中経過であると思います。
幸せになるまでに時間がかかっても、いつか絶対幸せになれるとおもうんです。


少しでも多くの方が生き、幸せになることを願っています。



私には、小さなことしかできませんが、日本が一つになるときだと心得て、日々、被災地のためになるように努力していくつもりです。


文章力がないので、内容が掴み取れないところが多々あると思いますが、 以上を私からのメッセージとさせていただきます。

  • 2011-03-25 21:52
  • victory
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



Appendix

ランキングの応援お願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
人気ブログランキングへ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。